みかんは何歳から?薄皮は大丈夫?あげるときの注意点や処理方法とは

子供から大人まで、老若男女みんな大好きな「みかん

皮がむきやすく、手軽に食べられるのも魅力。

ナイフなどを使わずに手で剥くだけで食べられるところ。

みかんを家族みんなでおいしく食べてほしい。

僕も小さい姪っ子甥っ子がいるので、

「みかんって何歳から食べられるの?」

「薄皮は大丈夫?」と気になる方も少なくないと思います。

そのタイミングやポイントについて調べてみました。

みかんはいくつから食べられる?

気になる「何歳から食べられる?

現在、さまざまな情報があり迷うことも少なくないとと思います。

小さい頃は、成長もバラバラなので、確実な「いつからなら大丈夫」というのは難しいです。

しかしまとめると、みかんは、「離乳初期の生後5,6ヶ月頃」から赤ちゃんにあげることができようです。

一般的に、オレンジのほうがアレルギーになる可能性は多いので、みかんは比較的安心です。

しかし、アレルギーの可能性がないわけではありません。

食物アレルギーに注意しながら、各月齢にみあった少量から食べさせてあげることが、とても大切です。

そのため、初めて与える際は少量からが望ましいと思います。

また、万が一食物アレルギーを起こした場合でもすぐに病院へ行けるよう、

平日の午前中など医療機関を受診できる時間に与えることをオススメします。。

離乳初期からOK!酸味があるので様子をみながら

離乳初期の赤ちゃんには、薄皮からとりだし、まずはしぼった果汁をあげたり、すりおろしていいようです。

みかんは独特の酸味があるため、最初は赤ちゃんが驚くかもしれないので、ゆっくりと様子をみながら食べさせてください。

離乳初期の赤ちゃんには噛み切ることができません。

なので消化もしづらいので、みかんの薄皮とすじの部分は食物繊維が豊富ですが、薄皮をむいてから食べさせてあげてください。

離乳中期

離乳中期頃の7〜8ヶ月頃になると、赤ちゃんは歯茎で噛みつぶせるようになってきます。

様子をみながら、果実を軽くつぶすようにして少量ずつ食べさせてあげるのがいいと思います。

離乳後期

離乳後期頃の9〜11ヶ月以降は、だんだん噛む力が強くなっていきます。

この頃でもまだ薄皮とすじに関しては剥いてあげたほうがよいですが、つぶさなくても食べられるようになっていきます。

食べやすい大きさに切ってあげるといいとも思います。

初めは、子ども用スプーンひとさじぐらいから、徐々に量を増やすのがいいでしょう。

みかんの薄皮はいつから大丈夫?

早い子でしたら、1歳を過ぎて食べ物をよく噛めるようなら、みかんをうす皮ごと食べても大丈夫のようです。

一般的には、1歳半くらいからうす皮付きで食べているお子様が多いようです。

僕の甥っ子や姪っ子も1歳ころから、小さいサイズのみかんの一房を掴み自分で食べていました。

食べさせてあげる時は、最初は横半分にカットしたりして少量からあげてみるのがいいかと思います。

注意ポイント

みかんを薄皮ごと食べさせる時は、ここに注意!

みかんの薄皮は、品種や時期によっては分厚いみかんがあります。

一般的にみかんはシーズン初旬に出回る「極早生(ごくわせ)」は薄皮も薄くて子供も大人も食べやすいです。

その後時期が終わりに近づくにつれ、薄皮が厚くなってきます。

薄皮が薄い順番は、

極早生(ごくわせ)みかん早生(わせ)みかん中生(なかて)みかん晩生(おくて)みかん

こうした薄皮の厚みもものによっては全然違うので、あげるときは注意してください。

また、きちんと消化されているかどうか、ウンチの様子も注意して見てあげてください。

また、りんごと違って柑橘系の果物はウンチがゆるくなることが多いので、

下痢しやすい子の場合は、少量ずつ、様子を見ながらにしてください。

みかんの皮の栄養成分は?便秘への効果は?

以前、みかんの栄養価について投稿しましたが、

みかんにはビタミンCビタミンPにβカロチン、ガン抑制効果の高いクリプトキサンチンクエン酸などが豊富に含まれており、美肌や便秘に効果もあるんです。

小さい子も大人も積極的に食べたいフルーツの一つです。

便秘に一番効果があるというのは、みかんの薄皮や白いスジに含まれるペクチンです。

ペクチンは水溶性食物繊維で、腸の水分を調節する働きを持っています。

実にもペクチンは含まれているのですが、薄皮やスジに多く含まれているので薄皮やスジも一緒に食べると、

うす皮を剥いて食べるよりも約4倍の量を摂取できるそうです。

小さな子供さんの便秘に悩んでいるママは、薬などを試す前に、みかんを食べさせてあげてみてはいかがでしょうか。

そして、みかんにはビタミンP(ヘスペリジン)も豊富です。

ビタミンP(ヘスペリジン)はビタミンCを守ったり、毛細血管を強くする働きがあり、アレルギーに強くなるという栄養素だそうです。

大人であれば、コレステロール低下や冷え性改善、血圧を下げる効果もあるのです。

これは、是非家族みんな揃って、薄皮やスジごと食べてくださいね。

PAGE TOP